大工人生、いつかは報われるさ!


by ehuj0uyz8a

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 政府は3日午後、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)の第2回会合を首相官邸で開いた。国の出先機関の原則廃止をはじめ、国が法令で自治体の仕事を縛る「義務付け」の見直しや、自治体が自由に使える「一括交付金」の導入などの改革案について意見交換。地域主権実現に向け、今夏をめどに策定する地域主権戦略大綱(仮称)に盛り込む本格的な作業をスタートさせた。

 大阪府の橋下徹知事は「国よりも都市間競争の時代に突入する。広域行政に成長力を持たせるべき」などと主張。国の形を中央と広域行政体、基礎自治体の3構造に分け、地方政府を設置する構想や地方公務員改革などを提案した。

 鳩山首相は冒頭、「(地域主権実現への工程を示した)原口プランに実行力を持たせ、国と地方のあり方を抜本的に変えていく会議としたい」などとあいさつした。

 地方に影響を及ぼす国の政策について閣僚と自治体代表者が話し合う「国と地方の協議の場」を設置する法案と、義務付け・枠付けの見直しなどの2法案を了承した。

 今後の予定として、3月中にも義務付けと地方への権限移譲に関する集中審議を開始することで合意。同時に、地方の裁量権を拡大する一括交付金の制度化に向けた検討や国の出先機関改革の審議も順次進めていくことを確認した。

 意見交換では、橋下知事は「(民主党の)国の形の最終ゴールが見えない。基礎自治体、広域行政体はどういう組織にすればいいのか分からない」などと指摘した。

 また、会議で出先機関改革を担当する北川正恭早稲田大院教授は「膨大な事務が地方に義務付けされている。各省の反発は予想され、改革には相当の覚悟がいる」と話した。

【関連記事】
橋下知事、あらためて大阪府市統合を主張 府議会定例会が開会
橋下知事、中国総領事館の移転「一歩進んだ」
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府法私案を提示
地域主権改革、今年から本格化 省庁の抵抗は必至
橋下知事「鳩山首相の思い感じた」 地域主権戦略会議
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

阿久根市長の出席拒否、法の想定外に議会苦慮(読売新聞)
「伊丹空港廃止」をめぐり5決議案 府議会会派、足並みバラバラ(産経新聞)
個所付け問題で、鳩山首相が前原国交相を口答注意(産経新聞)
出頭の男、7年前の放火供述=3人死傷、裏付け捜査−大阪府警(時事通信)
<万引き>徳島商サッカー部員十数人 サッカーシューズなど(毎日新聞)
[PR]
by ehuj0uyz8a | 2010-03-07 09:23
 宮城県亘理町で2000年8月、首つり自殺に見せ掛け、陸上自衛官高橋光成さん=当時(45)=が殺害された事件で、逮捕された妻まゆみ容疑者(49)が、第一発見者として遺体を下ろしたことを偽装するため、切断したロープを現場に残した上で119番していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。
 まゆみ容疑者は事件後、高橋さんの死亡保険金1億数千万円を受領。仙台市の会社役員菅田伸也容疑者(31)=別の強盗殺人事件などで起訴=らとともに分配し、1人数百万円から数千万円を受け取っていた。宮城県警暴力団対策課などは、事件での役割分担などを調べている。 

【関連ニュース】
韓国へ捜査員派遣=代理処罰を要請
首つり偽装で夫殺害=容疑で妻ら逮捕、保険金目的か
無期求刑の男に懲役28年=強盗致死、裁判員裁判
別の男性強殺容疑で再逮捕=上田容疑者、借金でトラブル
上田容疑者を午後再逮捕=トラック運転手強殺容疑

“パズル” 解く楽しみ+特典…根強い人気 雑誌や携帯、業界下支え(産経新聞)
<大津波警報>青森県〜宮城県の三陸沿岸に 高さ1〜3m(毎日新聞)
「宙の会」結成1周年=時効撤廃訴え記念集会−東京(時事通信)
苫小牧など国内移設先明記=普天間、社民案の全容判明(時事通信)
県独自課税、2審は「適法」=神奈川条例訴訟、いすゞが敗訴−東京高裁(時事通信)
[PR]
by ehuj0uyz8a | 2010-03-05 20:45
 福岡市西区の公園で2008年9月に起きた小1男児殺害事件で、殺人罪に問われた母親の富石薫被告(36)の初公判が3日午前、福岡地裁(松下潔裁判長)で開かれた。罪状認否で富石被告は「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。弁護側は、被告の責任能力に問題があるとし、「心神喪失で無罪。または心神耗弱で減刑されるべきだ」と主張した。
 検察側は、起訴前の精神鑑定で責任能力に問題ないと判断したが、弁護側は再鑑定を請求。月内に4回予定されている公判では、鑑定を行った専門家らの証人尋問が行われる予定。
 弁護人によると、富石被告は事件1カ月前の08年8月、病院で適応障害などと診断され、抗うつ剤を服用していた。被告は手足が不自由だったため、弁護側は実行行為を認めた上で「首を絞めて遺体を運ぶのは普段の被告にはできず、副作用の影響があった疑いがある」としている。 

【関連ニュース】
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
金川被告に死刑=「極刑願望、身勝手極まる」
小泉被告「月火水狙った」=遺族出廷、憤りあらわ
土浦連続殺傷、18日判決=「死刑」が動機、金川被告

千野栄一
【社説検証】民主党敗北 小沢氏喚問求める産経 朝日は利益誘導を批判(産経新聞)
亀井氏、夫婦別姓など「熱望する方々ご愁傷さま」(読売新聞)
なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」 (J-CASTニュース)
普天間移設 石破自民政調会長が政府の迷走ぶりを批判(毎日新聞)
[PR]
by ehuj0uyz8a | 2010-03-04 00:56
 若者が新聞を読まないのはお金がかかるから。そして、他のメディアで情報が手に入れられるから――「若者と新聞」に関するマーケティング会社の調査結果は、新聞業界にとって厳しいものになった。だが、若者の「食わず嫌い」という側面も見える。新聞はそのメリットを十分にアピールできていないのかもしれない。

■「ニュースはネットを見ていればだいたいわかる」

 20歳から34歳までの若者層のマーケティング調査を実施しているM1・F1総研(電通子会社のメディアシェーカーズ運営)は2010年2月25日、若者が新聞をどう捉えているかの調査結果を発表した。

 同総研がM1層(20〜34歳男性)とM2層(35〜49歳男性)を比較したところ、よく言われているように、若者のほうが上の世代よりも「新聞を読まない」という傾向がはっきりと出た。では、若者はなぜ新聞を読まないのか。

 もっとも多かった理由が「料金がかかるから」。新聞を読まない若者の62.6%が、この理由をあげた。次に多いのが「読むのに時間がかかるから」(37.9%)、3番目は「他のメディアから得られる情報で足りているから」(24.5%)というものだった。以下、「ゴミが増えるから」(22.8%)、「余計な情報が多いから」(18.3%)と続く。

 調査結果について、M1・F1総研の松川智恵子さんは

  「6割を超える人が『料金がかかるから』という理由をあげたのは意外でした。いまではインターネットのヤフーニュースなどで情報が得られるので、情報に対してお金を払うという感覚が薄くなっているのかもしれません」

と話す。

 「ニュースはネットで十分」という声は大学生に多い。慶応大学に通う男子学生(2年)は

  「新聞の販売店員に『取ってくれたら二度と勧誘にこない』と言われたので5か月前から購読していますが、新聞もネットも同じニュースという印象ですね。ヤフーニュースや2ちゃんねるの『ニュー速』とかを見ていればだいたいわかるので……。契約期間が切れたら、新聞をやめようと思っています」

と語る。調査結果で3番目にあげられた「他のメディアから得られる情報で足りているから」ということのようだ。

■「情報収集の手段として効率がいい」とアピールできるか

 「自宅で日経新聞をとっているが、ほとんど読んでいない」という早稲田大学の男子学生(4年)も、同様の理由で新聞を読む必要がないという。

  「ニュースは、NHKのニュース番組か、ネットのニュースサイトを見れば十分ですね。学校の図書館で勉強しているときに、気分転換でたまに新聞を読むことはありますけど……。周りの学生も就職活動のときだけは日経を取っていましたが、就活が終わればやめてしまったようです」

 M1・F1総研の調査では、新聞を読まない理由の2番目に「読むのに時間がかかるから」が入った。つまり、読み慣れていない者にとって、新聞は情報を取得するのに効率の悪いメディアとみられているのだ。

 しかし、新聞を読んでいる若者に「読む理由」を聞いてみたところ、面白い結果になった。「効率的に情報収集できるから」という理由が46.1%で1位になったのだ。新聞を読まない若者は「食わず嫌い」の可能性もあるというわけだ。

 このような調査結果を受けて、M1・F1総研の松原さんは、

  「M1層には効率的かどうかというのが一番響く。新聞が『情報収集の手段として効率がいい』ということを、何らかの方法で訴えることができればいいのかもしれません」

と話している。


■関連記事
日経「電子新聞」月4000円 成功なら他社も追随か : 2010/02/24
ビジネスモデルが崩壊 身を削ぐような合理化が始まる/(連載「新聞崩壊」第10回/ジャーナリスト・河内孝さんに聞く) : 2009/01/08
再販、記者クラブ問題 新聞協会「当事者ではない」/(連載「新聞崩壊」第12回/新聞協会・新聞社の見解) : 2009/01/13
日本とはちょっと違う フランスの新聞崩壊事情 : 2009/06/25
主婦が考案「新聞バッグ」  : 2009/03/23

大津波警報、沿岸各地の鉄道一斉に運転見合わせ(読売新聞)
「親族4人死亡」休み不正取得し弔慰金詐取、陸自尉官を停職(産経新聞)
雑記帳 「餅上げ力奉納」で新記録 京都・醍醐寺(毎日新聞)
<チリ地震>津波、28日午後以降に日本到達の可能性も(毎日新聞)
橋下知事、歩道橋命名権売却「どんどんやったらいい」(産経新聞)
[PR]
by ehuj0uyz8a | 2010-03-02 17:41
 神奈川県相模原市のマンションの一室で、この部屋に住む無職の女性(62)が死亡しているのが見つかった事件で、相模原南署は25日、殺人の疑いで、女性の夫で会社員、高田幹夫容疑者(64)を逮捕した。

 同署によると、高田容疑者は「借金のことを妻と話していて口論となり、かっとなって殺した。死のうとしたが、死にきれなかった」と供述しているという。

 同署の調べによると、高田容疑者は24日午前9時ごろ、自宅で妻の江美子さんの首をネクタイで締めて殺害した疑いが持たれている。同日夜に帰宅した会社員の長女(37)が、居間でタオルケットをかけられた状態で死亡している江美子さんを発見し、110番通報した。

 高田容疑者は自宅の居間に「ごめんね。パパママより」と書かれたメモを残し、行方が分からなくなっていたが、翌25日正午ごろ、相模原署に「妻を殺しました」と出頭した。

【関連記事】
なぜ2人も…強盗殺人の動機ただす裁判員 補充1人解任
裁判員裁判で初、取り調べ録画DVDで応酬 強盗殺人に無期求刑
2人強盗殺人「供述記憶ない、書面心当たりない」 鳥取地裁
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
35歳主婦が首を切られ死亡 通報の夫「自分が刺した」

<津山市長選>宮地氏が初当選 岡山(毎日新聞)
<天皇公的行為>統一ルール「非現実的」 政府見解公表(毎日新聞)
「小沢氏は国会のテレビ中継でしゃべった方が」 共産・市田氏(産経新聞)
ファイル共有ソフトで音楽公開=著作権法違反容疑、男逮捕−香川県警(時事通信)
“お迎えの死に神”に抵抗 元NHKアナウンサー 鈴木健二さん(産経新聞)
[PR]
by ehuj0uyz8a | 2010-03-01 13:30